人間関係に疲れる原因はなに?職場で受けるストレスを軽減する方法を紹介!

「アフィリエイト広告を利用しています」

人間関係に疲れる原因はなに?職場で受けるストレスを軽減する方法を紹介! 社会

誰しも多かれ少なかれ悩みはあると思います。

悩みの大部分は、人間関係にあるといいます。

私もそのうちの一人だと思います。

人間関係って難しいですよね?

職場や学校、他人が集まる場所には、様々なかたがいますよね。

上司や先輩や後輩、先生など当然、職場や学校には苦手な方もいます。

なので、全員と仲良くなれないのはわかってはいるものの、どうすれば上手くやっていけるのか?

などと疲れる原因や少しでもストレスを軽減することはできないかと考えたりもするでしょう。

そこでこの記事では、人間関係で疲れる原因とストレスを軽減させる方法を紹介したいと思います。

 

人間関係で疲れる原因はなに?

前述した通り職場には色々なタイプの人間がいます。

全員が自分と気の合う人だけではありません。

むしろ気の合う人はごく僅かではないでしょうか?

この色々なタイプの人間と接することが疲れる大きな原因なのだと私は思います。

それは、ただ単純に苦手な人と接することだけではなく、些細なことでもストレスを感じるときがあります。

例えば、挨拶しないとかです。

私も若いころは苦手でした。

ですが、明らかに自分にしてきた挨拶を無視することはありませんでした。

まるで聞こえていなかったように挨拶をスルーする人がいます。

ではその人が会話をしないかと言うと、そんなことはありません。

普通に会話はします。

なのでストレスを感じてしまうのです。

もう一つ例をあげると、言葉遣いや態度です。

これに関しては、立場や相手との関係性によるのでなんとも言えませんが、言葉遣いや態度で悩まれている方は、わりと多いのではないでしょうか?

特に敬語を使う使わない問題です。

いくら立場的に上司でも入社数年の人が、数十年の先輩に対してタメ口ってどうなの?

と、私は思います。

以前動画で、「タメ口のほうが本音で話し合えるし、年下に敬語を使わせるなんて人間ちいせーじゃん」と言っていた方がいました。

確かに一理あると思いますが、小さいと言われてもいいので反論すると、本当にそれでいい関係が保てるのかは疑問です。

とは言っても私自身も若いときは、「なんで敬語なんか使わなきゃいけないの?」と思っていた時期もありました。

今でもタメ口が楽だと思うときもあるので、言葉遣いに関しては、微妙な問題なのかもしれません。

このように些細なことでも人との関りにストレスを感じてしまうのです。

そこで、少しでもストレスを軽減する方法を紹介します。

 

職場で受けるストレスを軽減する方法を紹介!

何度も言いますが、職場には色々なタイプの人間がいます。

その色々なタイプのの人間から受けるストレスの回避方法を紹介します。

 

深呼吸する

上司なのか先輩なのかわかりませんが、理不尽なことで怒られた経験はありませんか?

その場合は、「深呼吸」するのがいいと言われます。

理不尽なことで怒られるとこちらも腹が立ち反論したくなります。

しかしお互いの立場や相手によっては反論できない場合もあるかと思います。

たとえできたとしても喧嘩になるかもしれません。

なので深呼吸して心を落ち着かせることが重要だと言います。

一度、深呼吸して心を落ち着かせることにより、相手と対峙できる準備ができるそうです。

 

心のバリアを作る

これは職場の人とのコミュニケーションを一切絶つのではなく、「他人の言動に左右されない」自分をつくることが大事だといいます。

要するに仕事をするうえで、必要なコミュニケーションはとるけど、嫌なことを言われても「気にしない傷つかない」心を作ることが大事だといいます。

でもこれができる人は、そもそもメンタルが強い人だと思いますけどね。

そんな強いメンタルが作れないにしても、入社して半年か一年経つ方であれば、会社での自分のやる仕事はわかっていますから、出勤してから退勤するまでのことだけを考えて、あとは淡々と仕事をこなすだけで、まわりを気にしないで過ごすのも一つの手だと思います。

 

程度な距離をとる

前述しましたが、タメ口を使って距離を縮めることはできるかもしれません。

しかし、身近な存在であればあるほど、嫉妬されやすくなったり、相手の嫌な部分が見えるようになったりするかと思います。

そうするとせっかくいい関係でいられたにもかかわらず、逆効果になってしまう恐れがあります。

かえってストレスを溜めてしまうかもしれません。

よく何でも言い合える相手こそ親友と思われるかたもいると思います。

私は必ずしもそうとは思いません。

なぜなら相手の嫌な部分も見てしまうからです。

最悪、嫌いなってしまうかもしれません。

なので、適度に距離をとることをおすすめします。

職場での人間は尚更です。

 

いい人にならない

職場で言ういい人とは、会社にとって都合のいい人を指します。

残業など頼まれたことを断れない人です。

頼まれごとを断れないこともそうですが、モラハラやパワハラを受けても何も言い返せない人も職場ではいい人になるのかもしれません。

他にも嫌がらせを受けても我慢する場合もそうかもしれません。

そんなときは勇気を出して言い返してみるといいと言います。

「何々があるので帰ります」とか「それってパワハラですよね?」とかです。

その時の状況によってやんわり言い返すか、強めに言い返すかを使い分けられるともっといいかもしれません。

言い返すことができると大体のことは解決するともいいます。

そしてその後はストレスなく仕事ができるかもしれませんね。

 

我慢する

解決になってないじゃんと思われるかもしれませんが、言い返すことがでいないから悩んでいるのですよね?

ではなぜ我慢するのがいいのかですが、事を荒立てないことも理由の一つですが、たとえ理不尽に怒られたとしても「すみませんでした」と言って、我慢してみて下さい。

なぜならそんな方には必ず天罰がきます。

私はそれを目の当たりにしたことがあります。

もしかしたら、これが一番効き目があるかもしれません。

信じる信じないかはお任せします。

でもそう信じていれば、ある程度のことは我慢できるはずです。

溜まったストレスは趣味など違う場所で発散するといいでしょう。

 

まとめ

職場で人間関係に疲れる原因は何でしょうか?

それは嫌(苦手)な方がいるからなのでしょうか?

そこから受けるストレスを軽減する方法はあるのかを紹介してきましたが、ではなぜ嫌な人は存在するのでしょうか?

自分との価値観や考え方の違いだったり、無意識のうちにいい人と比較して、嫌な人に感じているだけなのかもしれません。

また人間は、自分もそうですが粗を探してしまうので、他人の些細な行動や言動で嫌いになってしまうかもしれません。

なのでできれば、嫌な人がいない職場で働きたいと思われるかもしれません。

しかし嫌な人の存在はある程度必要だと思います。

考えてみて下さい。

嫌な人がいない職場で、自分が一番の古株だとします。

そうすると自分が我儘を出して嫌な人になってしまう可能性があるからです。

だから嫌な人は、自分の我儘を出さないための抑止力だと思うのです。

あとは、別の人を嫌いにならなくて済みます。

嫌な人は自分と似たところがあり反面教師だったりします。

つまりは、自分への学びだと思います。

そう思えば職場でのストレスは軽減できるかもしれませんね。

とは言うもののやはり人間関係は難しいので、疲れてしまいます。

そうならないために原因は何かなど余計なことを考えてしまいます。

そんな方のためにこの記事が少しでもお役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました